住みながらのリフォーム

長年住んでいる家をリフォームすることになりました。
ただ、全てするとなるとかなりお金がかかってしまうので、気になっていた水回りを中心としたリフォームとなりました。
通常なら、リフォームをしている間、別の家を借りて住んだりするんですが、私のところでは住みながらのリフォームというのをやりました。
リフォームは1Fの半分だったので、2Fで暮らしていました。
ただ水回りのものがないという生活は本当に不便で、毎日のようにペットボトル2Lを数本購入して帰ったり、トイレは設置前の場合はどこかに出かけて済ませてきたりと、結構大変でした。
当たり前にある設備がこれほどまでありがたい事かと思い知りました。
阪神淡路大震災を経験しているんですが、その時の事をちょっと思い出しました。
リフォームしているとどうしてもほこりが凄くて、仕事から帰ると2Fの湯かが真っ白になっていて、疲れてるのに掃除したり、工事の人が来るのが朝は早いので、毎日かなり早起きだったりと結構しんどかったので、完成した時は家族で抱き合って喜びました。
ただ、綺麗になったのは水回りだけなので、一部が綺麗になると他も綺麗にしたくなって困ります。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク